2012年01月25日

大好きな筑波山〜(雪編)

先日の雪、すごかったですね〜
店からの帰り道は、こんな感じでしたー
IMGP1064.jpg

1/25 筑波山へ〜
IMGP1095.jpg

麓から見ると、雪は消えてしまっているようですがー
実際の登山道は・・・

こんな感じ〜@ (奥に見えるのが女体山山頂)
IMGP1085.jpg

こんな感じ〜A (さりげなく、スポンサーさんをアピール)
IMGP1083.jpg

一応、軽アイゼンを用意して行ったのですがー
装着しなくても、ギリギリ登れました〜

*注意*
降雪後すぐは、雪も柔らかく、軽アイゼンなしでもOKなことが多いです
しばらくすると、日中溶けた雪が夜間凍りつき、滑りやすくなります
また平地では雨でも、山では降雪のこともあります
(標高差により、山頂は平地よりマイナス5度程度)
(山頂/稜線では、風が強く、体感温度がかなり下がります)
冬でも登山可能ですが、しっかり下調べ&準備をしましょう!
準備さえ万全であれば、冬でも十分登山可能ですよ〜


昨年は、震災の影響でー
しばらく、入山禁止の時期もありましたが・・・
イベント/同行/プライベートで、合計34回登りました!!

今年は、今回で3回目〜
今年も、いっぱいお世話になる予定です!!

筑波山は、一年を通じ登山可能です〜
ケーブルカー&ロープウェイもあるので、うまく組み合わせればー
普段運動していない方でも、十分楽しめますよ〜♪


しかも、この時期は、空気が澄んでいるのでー
山頂からの景色が素晴らしぃ〜〜〜(ことが多いです)
運が良ければ、富士山/スカイツリー/太平洋/日光連山などなど〜
関東平野360°丸見えです!!
天気が良ければ、山頂から「地球が丸〜い」のを実感できます!


富士山や都内方面が、丸見え〜〜
IMGP0949.jpg

一人で行くのが不安な方〜
登りながら、「あるき方講習」をして欲しい人〜
筑波山デビューしちゃいたいアナタ〜


日程があえば、ご一緒できますのでー
お気軽に、ご連絡下さい!!


○冬期期間、女体山山頂直下の岩が凍り、滑りやすいことが多いです!
 軽アイゼンの携帯をお願いします!!
○凍っている場合、特に「下り」は滑りやすく危険です!
 状況により、下山はケーブルカーORロープウエイを活用しましょう!
○晴れていても、休憩時は汗が冷え、非常に寒くなります
 吸汗速乾素材アンダーの着用をおススメします!
 グローブ・ニット帽・すぐに羽織れるジャケット等も持参しましょう〜
○当店でも、高性能アンダー/軽アイゼン/登山グッツ取扱いOKです
○軽アイゼンレンタル可能!(数に限りがありますので、お問合せを!)



あとりえSでは、従業員募集中です!!

お気軽にお問合せ下さい〜
http://atorie-s.sblo.jp/article/41730974.html



posted by あとりえS・足本舗スタッフ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53301069

この記事へのトラックバック
<-- ↑はブログ単体のアクセス解析 --> <-- ↑はサイト全体のアクセス解析 -->