2011年09月10日

アウトドア展示会 2012モデル

2012モデル アウトドア用品展示会に行ってきました〜

KLYMIT社のエアマット=イナーティア大・中・小
IMGP0139.jpg




KLYMIT社のエアーマット=イナーティア
よしだの知るうる限り、最強のエアマットです!

現在発売されているのは、大(ブラック)&中(グリーン)〜
来春からは、小(オレンジ)が発売されます!

よしだが使用しているのは、中ですが・・・
重量わずか258g!(付属ドライポンプ込で300g)
長さ183x横46x厚さ4p

収納時は、こんなにコンパクト!!
350ml缶と、ほぼ同サイズ〜 (写真は、中=グリーン)
IMGP0168.jpg

息を口で3回ほど吹き込むだけで、ほぼパンパン〜
(他メーカーの中には、何十回も吹き込まないとダメな物も・・・)
もっと硬くしたい人は、ポンプを使用します

骨組みだけなので、寝心地が心配ですが・・・
全く問題ありません!!
従来の普通のマットよりも、かなり快適〜♪

寝袋の中にセットしてしまうと、ズレないので、より快適〜
おススメの裏技です!!

骨組みだけで、肉抜きしている部分があることでー
・軽量&収納時はコンパクト
・エア(息)量が少ないので、膨らます時も収納時も楽チン
・寝袋の中にセットすれば、下部の寝袋がつぶされないので、保温力UP↑
・暑い時期は、単品使用で涼しく快適
と、メリットだらけです〜

さらに、バルブの構造が優秀なのでー
エアーを吹き込む際、ほとんど漏れてしまうことがありません!

キャンプ・アウトドアではもちろん、車中泊の時にも!!
当店でも、取扱しております〜


ご存知、スポルティバ
ニューカラーや、ニューモデルなど、盛りだくさん〜
IMGP0153.jpg

IMGP0142.jpgIMGP0143.jpg

IMGP0148.jpgIMGP0150.jpg

登山・トレッキング・トレイルラン・クライミング・アプローチシューズ...
山では特に、『足元が大切』ですよね〜?
自信を持って、スポルティバをお薦めします!!
もちろん、よしだも愛用してますー


一押しアンダーウエアは、ずばりCRAFT
IMGP0163.jpg

GORE-TEX社が、自社製品テスト時に使用することを認めた
唯一のブランド=CRAFT!!

汗抜けのよさはもちろん〜
体温を一定に保つ機能があるので、体温の上がり過ぎ/下がり
過ぎを防ぐ効果があります!
しかも、臭くなりにくい〜〜

カラーバリエーションも増えました!
ラン・トレラン女子にもおすすめ〜
IMGP0162.jpg

スポーツ・登山時は、もちろんですがー
クール&ウォームビィズにも最適です!
Yシャツや、作業着の下にCRAFTを着用すると、かなり快適〜
IMGP0157.jpg

高性能アンダーウエア一筋のCRAFT社!!
ユ●クロ等から出ているアンダーとは、性能が違います!
一度着れば、その違いにビックリしますよ〜

ニューモデル=七分丈のタイツ これ注目です!
IMGP0155.jpg

CRAFT夏・冬モデルとも、当店在庫あります〜


アウトドア用品の購入も、あとりえSへ!!
上記以外にも、ほとんどのアウトドアブランドの取扱が可能です〜
posted by あとりえS・足本舗スタッフ at 14:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
エアーマット欲しーい(笑)
年内に注文すると思いますのでその時は宜しくです(^-^)
Posted by じゃんぼりん at 2011年09月13日 22:37
じゃんぼりんさん、エアマットいいでしょ?!
欲しい時に在庫がないと困るので・・・
先に取り寄せておいた方がよろしければ、ご連絡下さい〜
Posted by よしだ at 2011年09月16日 12:27
エアマット、斬新なアイディアですね。アウトドア用品、進化していますね。知りませんでした。
クライミングシューズは、もう5足ぐらい続けてずっとスポルティバです。現在も2足所有しています。
Posted by Hi-Chan at 2011年09月17日 06:33
Hi-Chanさん、こんにちはー
このエアマット、ほんとおススメなんです〜
今度お店に来た時に「寝心地」を試してみて下さい!
スポルティバは、クライミングシューズもかなり人気ですよね!

ところで、いつ戻ってくるの??
Posted by よしだ at 2011年09月17日 18:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47845042

この記事へのトラックバック
<-- ↑はブログ単体のアクセス解析 --> <-- ↑はサイト全体のアクセス解析 -->